ホームページ制作、制作会社・フリーランスどっちがいい?それぞれのメリットとデメリットを解説

ホームページ制作、制作会社・フリーランスどっちがいい?それぞれのメリットとデメリットを解説

2021年4月5日
WEB制作

ホームページ制作を依頼する時、制作会社に依頼するのとフリーランスに依頼するのでは金額に大きな差があります。

そこでフリーランス・制作会社のそれぞれのメリットデメリットや、良いフリーランス・制作会社の探し方についてお伝えしていきます。

制作会社

制作会社に依頼するメリット

・品質が保証されている。

ディレクター・デザイナー・エンジニア等、複数人のスタッフによりそれぞれの得意分野による分業化がされている場合が多く、高品質なサイトが期待できます。

・納期、対応が早い

大規模なサイトを制作するとなると、複数人体制で制作を行う制作会社の方がフリーランスに比べ早い納品となる場合が多いでしょう。

制作会社のデメリット

・値段が高い

人件費が複数スタッフ分かかる為、値段は高くなります。また、制作会社により値段が大幅に違うため、フリーランスと比べ大幅に金額が上がってしまう可能性があります。

・担当者を選べない

制作実績を見て依頼しても、実際の担当者がそのデザインを作ったとは限りません。デザインのイメージが異なってしまう場合があります。

フリーランス

フリーランスに依頼するメリット

・価格が安い

人件費が一人分となるため制作会社と比べて圧倒的に安い金額で依頼することができます。

・制作実績を見て実際のイメージをできる

フリーランスとなると、サイトに載っている制作実績は全てフリーランス本人の作品となるので実際の完成イメージをしやすいというメリットがあります。

フリーランスに依頼するデメリット

・大規模なサイトだと納期が遅くなる可能性がある

大規模なサイト作成だと一人での作業となるため制作会社と比べ納期が遅くなる可能性があります。

・品質が保証されていない

フリーランスとなると、制作会社と比べ一人での作業となるので個人の得意不得意が反映されやすいため、制作実績をよく確認し、希望のサイトを実現できる能力があるかよく検討する必要があります。

良い制作会社・良いフリーランスの探し方

・制作実績を見る

制作会社・フリーランスどちらも、制作実績をよく見て、実際の希望のデザインイメージなどに合致するデザインができそうかを確認しましょう。

・ブログ、SNSの更新頻度が高い

ブログ、SNSの更新頻度が高く、web制作系の情報記事を多く投稿している場合は技術力が高い場合が多いです。

良いサイトを作る為に、発注側がやること

良いサイトの全ては、良い制作者が作るものと思うかもしれませんが、WEB制作においては発注側と受注側の協力ではじめて良いサイトが出来上がります。

・コンテンツ、画像素材、参考イメージを用意する

自社商品の事は自社が一番知っています。サイトコンテンツにしたいものを予めまとめておくと、スムーズに制作を進めることができます。

また、使用できる画像素材などを持っていれば発注時に提供するとよりコンテンツの質が高まります。

参考サイトをいくつか探し、「このサイトのこの部分を真似したい」「色味はこのサイトのような感じにしたい」…など、具体的なデザインのイメージをつけておくと、希望の仕上がりになりやすいです。

良いフリーランスを探すなら

ランサーズなら依頼募集をすれば、1件につきプロのフリーランスが約20人〜提案してくれます。

ポートフォリオ・フリーランスへの実際のレビューなどを見る事ができ、希望のサイトを制作してくれるフリーランスを探すにはうってつけです。

クラウドソーシング「ランサーズ」

フリーランスにホームページ制作を依頼したい方は、是非使ってみてください。

関連記事

記事が見つかりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です